私も毎日入ってますコスパ最強!簡単!


子供のころ・・コロコロ便→中学・高校時代・・胃薬ほぼ毎日
お菓子が主食で便秘と下痢の20代前半
そんなイジメぬいた腸に健康を取り戻しはじめた30代
40代からはかなり調子いいです!


ひらめき惚れ惚れウンコの素の注文は
クレジットカード決済もお使いいただけます!


2008年01月31日

薬物中毒のギョーザ

今朝の一面トップは殺虫剤入り中国製ギョーザの話。
検出されただけならまだしも、実際重体になった人もいるし、この時間(夕方)にはどんどん被害を訴える人の数が増えてきてます。

有機リン系の薬物って出てますが、この文字を見て私はサリン事件を思い出しました。。

っていうのは、

私がOLだった2社目の会社で検知管っていうのを扱ってたのです。
ガスの濃度を検知するもので、体温計のような温度計のような、あのような形のガラス製。

で、サリン事件の直後、
消防から問い合わせ殺到!
サリンを検知する検知管はありますか?って。

もちろん、サリン用なんてのはなかったけど、
製品名は忘れましたが、とある検知管なら反応するだろう、ってことで飛ぶように売れました。

サリンに反応するその検知管は有機リン系の殺虫剤などにも反応するって言われた記憶が。。

まぁ、怖いもんなんだろうなぁって思った程度でしたが、まさかギョーザに入っていたとは!

でも、ちゃんとした味覚があるなら、まずおかしいって思うでしょ。変な味だって思いながらたくさん食べるのも、自然な味に不慣れな証拠なんでしょうか。。どうも、ハーブ入りっていう言葉で惑わされたようですが(−−;

今回は事件性も強いようだから、ホントに危険にさらされたとんでもない出来事ですが、イメージだけで、生協は安全とか、思わないほうがいいですね。
普通に添加物満載のお店ですから。

でもこのような異常事態はおいといて、100%自給自足でもない限り、普段私たちが口にするものには必ず薬物は微量ながら入っています。

今回の強烈な殺虫剤は意図的に混入された可能性もありますが、○○という薬物は基準以下であれば安全ということで、平気で薬物入り食品は出回って、子供からお年寄りまで口にします。
それは別にいいんです、仕方ないんです。
でも、○○という薬物と△△という薬物が混合して、調理され、どんな物質になるのかなんて、どこにも表示されません。
怖いことです。

できるだけそれらを避けるとカラダの負担も少なくなるわけですが、多くの人は安くて手軽なものを求めます。
そこに大きな代償が待っている場合もあるのに。

というか、内臓たちは大変ですよ、よけいな仕事(解毒)させられっぱなしで。

今回の強烈な殺虫剤は意図的に混入された可能性もありますが、この殺虫剤成分と、もしかしたら、豚肉に残留している抗生物質だとかエサの農薬だとか、、いろんなもんが混じって、より毒性が強くなっている可能性だってあるわけです。
素人考えですけど。


冷凍ギョーザへの対応は難しいですけど、こんな手段で食材そのもののデトックスも実践したいところです、安売り製品だったりしたら得に。
 ↓


よろしかったら応援クリックお願いします!
    → banner_02.gif  
posted by 腸美人仕掛人・小出真弓 at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース記事などから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック